1. トップページ
  2. 問答
  3. Pulmonary infection
  4. Best Treatments for Neonatal Pulmonary Infections

Best Treatments for Neonatal Pulmonary Infections

問題の説明 1: 新生児の肺 感染症の最善の治療法 補足説明: 最高の治療法新生児肺感染症の治療

回答: 新生児肺感染症は、通常、加温、酸素療法、および抗生物質で治療されます。

1.保温:新生児の肺が感染した場合、一般的な治療法は保温です。体温が上がらない場合は、暖かくて操作が簡単な温熱療法用の赤外線放射テーブルに置く必要があります。さらに、子供の皮膚温度を中性温度に保つために、サーモボックスを適切な温度に保つ必要があります。 2. 酸素療法: チアノーゼおよび低酸素症の場合、酸素療法が必要です。鼻カニューレ、マスク、または持続的な気道陽圧を使用できます。酸素供給用ガス。重症の場合、機械換気が必要です。 3. 抗生物質: 細菌感染による肺炎には通常、抗生物質が必要です。病原体が不明な場合は、主にペニシリンやセファロスポリンが使用され、状態に応じて適切な抗生物質を選択する必要があります。

日常生活では、両親も新生児に十分な栄養や水分を与え、少量の母乳を数回与えることをお勧めします。

質問の説明 2: 補足: 肺の真菌感染症を治療する最善の方法は何ですか?

回答:肺真菌感染症は一般的ですが、肺真菌感染症の診断と治療は臨床的に困難です。免疫不全患者の数が増加するにつれて、真菌感染症の発生率も増加します。肺真菌感染症は、一般的に次の抗真菌薬で治療されます。ポリエン (アムホテリシン B、アムホテリシン リポソーム)、トリアゾール系抗真菌剤 (イトラコナゾール、ボリコナゾール、ポサコナゾール、フルコナゾール)、エキノカンジン(カスポファンギン、アニダン、ミカフィン)。

質問 3: 肺の真菌感染を治療する最善の方法 補足: 肺の真菌感染を治療する最善の方法

回答:肺真菌感染症には、一般的に抗真菌治療が必要です。異なる真菌種によると、薬を選択してください。気管支カンジダ症の場合、フルコナゾールまたはイトラコナゾールを選択できます。原発性カンジダ肺炎は、状況に応じて、フルコナゾールとフルシトシン、ボリコナゾール エキノカンジンなどの薬剤を組み合わせて治療することができます。患者は一般的に合理的に薬を選択し、病気の経過に達した後、効果はより良いものになります理想。

質問4: 補足: 皮膚筋炎による肺感染症の最善の治療法

回答: 皮膚筋炎で肺感染症を起こした場合は、すぐに病院に行って治療を受け、検査後に対症療法を行う必要があります。

皮膚筋炎はリウマチ系の疾患であり、皮膚筋炎患者が肺感染症を起こした場合は、病気を遅らせて深刻な病変を引き起こさないように、すぐに入院する必要があります。 1. 喀痰培養を行い、感染原因菌を特定し、菌に応じた適切な抗生物質を選択します。 2. 霧化と痰の治療、咳喘息の治療を行うと同時に、肺感染症の原因となる基礎疾患である皮膚筋炎をコントロールします。

皮膚筋炎による肺感染症の治療後も、二次感染が起こる可能性があるので、問題がある場合は、時間内に病院に行って治療する必要があります。栄養を強化し、ビタミンや高タンパク、減塩食を補い、適切なマッサージ療法を行うことをお勧めします。

前へ

長期寝たきりの患者が肺感染症になりやすい理由

次へ



お問い合わせ: