1. トップページ
  2. 疾病手帳

肝結核

肝結核(tuberculosis of the liver)は比較的に稀であり、特異な病状とバイタルサインが不足するため、臨床の誤診、誤治療率が比較的に高い。多数の肝結核は全身の粟粒性結核の一部であり、続発性肝結核と呼ばれ、患者の主な表現は肝外肺、腸などの結核によるの臨床表現であり、一般的に肝臓病の臨床症状が現れず、経…



お問い合わせ: