1. トップページ
  2. 疾病手帳

直腸癌

直腸がんとは、歯状線からS状結腸、直腸の境界までの間に存在するがんのことである。胃腸管に最もよく見られる悪性腫瘍の一つである。主な表現は腹部の鈍痛、腹部の不快感などである;直腸がんが進行して末期になると明らかな下腹痛があり、病状が進むにつれて腫瘍がある程度増え、患者は貧血を起こし、消・・・。



お問い合わせ: