1. トップページ
  2. 疾病手帳

乳腺嚢胞性増殖症

本症は女性によく見られる多発病の一つであり、25〜45歳の女性によく見られ、その本質は生理増殖と復古不全による乳腺正常構造の乱れである。我が国では嚢性変化は珍しく、多くは腺体の増生を主とするため、「乳腺増生症」と呼ばれることが多い。世界保健機関(WHO)は「良性乳腺構造不良」と総称している。・・・



お問い合わせ: